読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第五百七十六回 落語研究会

日程が前後してしまいましたが、6/30木曜日に行ってまいりました。

 

おはようございます、マンゴヤンリッキーです。

 

f:id:m9203877:20160703104805j:image

 

TBS主催のこの会。

最初は客席も固く、噺家の皆さんの緊張も手に取るようだったのですが、だいぶ柔らかい雰囲気になりリラックスムード。

 

文菊師匠の「甲府い」

はじめて聞いた噺かな⁈法華を広める為の噺と嫌う方もいるそうですが、私は好きです。

世知辛い世の中。せめて落語や本だけでも幸せな気分を味わいたいです。

文菊師匠、何やらせても味わい深いなぁ。注目の師匠です。

 

白酒師匠の「船徳

暑いこの時期に、そんなに大暴れする噺をしなくても…というぐらい、座布団の上で熱演でした。

ただマイクのせいなのか、聴き取りにくかった。白酒師匠にしては珍しい。やっぱりマイクのせい…⁈

 

鯉昇師匠の「日和違い」

鯉昇師匠もこの噺もはじめて。

自分の好みに偏らず聴けるので、こういった会はお得です。

 

小満ん師匠の「髪結い新三(下)」

前回の続き。

つぶやくように話す師匠は、近所のおじさんの昔話を聞いてるようで、大変心地よい。

師匠もこの会で知りました。文菊師匠とは別の意味で注目。今のうちに聴けるだけ、聴いとかないと!